施設のご案内
バイオマス燃料製造施設 生活系廃棄物等からバイオマス燃料を製造します
  • 施設のご案内トップ
  • バイオマス燃料製造施設
  • バイオマス等発電施設
  • 建設副産物再資源化施設

バイオマス燃料製造施設は、し尿等の高度処理および汚泥の脱水・乾燥処理をし、バイオマス等発電施設の燃料を製造します。また、バイオマス等発電施設、建設副産物再資源化施設より発生する排水を適正処理し、各施設にて再利用水として供給します。これにより排水を外部に出さない「クローズドシステム」を実現します。

施設説明図を見る
施主
環境リサイクルエネルギー株式会社
施設名称
バイオマス燃料製造施設
稼働日数
300日/年
処理施設の
種類
・し尿処理施設
・汚泥の乾燥施設
処理能力
(受入量)
・し尿等 95kl/日
・脱水汚泥 16.3m3/日
取扱廃棄物
・一般廃棄物・産業廃棄物
主要設備方式
・排水処理 : 標準脱窒処理→凝集沈殿→砂 ろ過・活性炭→脱塩処理
 
・脱水設備 : 多重円板式
 
・乾燥設備 : ロータリードライヤ式
排ガス処理 
隣接するバイオマス等発電施設で処理
受入供給
・し尿等 : コンクリート槽(処理量の10日分以上)+ポンプ
 
・脱水汚泥 : 受入ホッパ(処理量の3日分以上)+コンベヤ
その他
クローズド方式 : 本施設の排水処理設備で排水処理後、処理水を再利用水として本施設、隣接するバイオマス等発電施設、建設副産物再資源化施設に供給することにより、河川等への処理水の放流を行わない。